入札参加資格申請/国交省/19・20年度工事・業務/12月3日から受付

 国土交通省は6月29日、19・20年度の建設工事と測量・建設コンサルタント等業務の競争参加資格審査の申請手続きを決定した。前回と同じくインターネット方式で受け付ける。ネットに対応していない経常JVに関する申請を除いて郵送方式を原則廃止。ネット方式は12月3日~19年1月15日、郵送方式は12月3日~19年1月31日(当日消印有効)に申請を受け付ける。
 ネット方式では、パスワード申請を11月1日~12月28日に受け付け、11月1日~19年1月15日を申請書入力プログラムのダウンロード期間とする。申請に当たっての質問を受け付けるヘルプデスクも11月1日~19年1月15日に開設する。
 工事の資格審査については、経営事項審査の総合評定値(P点)通知書で雇用保険、健康保険、厚生年金保険の加入状況がいずれも「加入」または「適用除外」となっていることが申請の条件。P点通知書で未加入で、その後加入または適用除外となった場合は、その事実を証明する領収書などの書類の提出が必要となる。
 申請書や申請書作成手引の入手方法などは10月初旬に公表する。同じ人物が役員を務める複数の会社が同一入札に参加することを禁止した措置を一部見直し、入札への参加を認める措置を19年4月に適用。手引にも反映できるよう準備する。
 ネット方式は、国の他の機関や関係機関との一元受け付けとなり、工事は23機関、業務は23機関が参加。工事と業務では参加機関が異なる。原則として一つのデータですべての機関に対する申請が可能で、申請書を複数作成する必要がない。受付期間内で申請データを確定する前の場合、データの削除や再申請ができる。

(日刊建設工業新聞様より引用)