全建協連/ユニフォームデザインプロジェクト発表会開く/学生が商品化視野にアピール

 全国建設業協同組合連合会(全建協連、青柳剛会長)は15日、東京モード学園と進めている「ユニフォームデザインプロジェクト」の発表会を東京都新宿区の同校で開催した。学生が考案したデザインから選んだ男女それぞれの最優秀賞、優秀賞計6作品からミドリ安全が仕立てたユニホーム(作業着)を学生モデルが着て披露した。ユニホームは全建協連の組合員や全国建設業協会(全建)を通じて商品化を視野にアピールしていく。
 プロジェクトは「自信と誇りを着る」をコンセプトに、「わくわくする建設業」(青柳会長)を目指して行っている。冒頭、青柳会長は同校の協力に謝意を示した上で、「身の回りからの働き方改革としてスタートさせた。建設業は変わっていきそう、楽しく働けそうというメッセージが建設業全体、国民に発信されるのを期待する」と述べた。
 男性ユニホームの最優秀賞に輝いた森美哉子さん(ファッションデザイン学科2年)は、レーシングスーツをテーマに、肩や腕の切り替え部に特徴のあるスポーティーなイメージでデザインした。女性ユニホームで最優秀賞の鈴木茜理さん(同2年)は、シンプルで着やすいデザインを心掛けつつ、赤主体の左右非対称のデザインにした。実際のユニホームを前に森さんは「ディテールまで再現していただきありがたい。作り手に伝わるデザインが大事だと実感した」と喜びを語った。鈴木さんは「赤を採用するか迷ったが(実物を見て)良かった」と笑顔を見せた。
 藏谷伸一副会長は講評で二人がデザインしたユニホームについて「色のバランスがいい」「ぜひ建設業に来てほしい」と感想を述べた。
 発表会は、藏谷副会長の依頼で学生モデルが安全帯を付けて動き回るなど、和やかな雰囲気の中で行われた。来賓の毛利信二国土交通事務次官は「建設業で働く楽しさが再認識され、『かっこいいよね』と思われるためのこういう運動が業界に広がってほしい」と期待を表明。足立敏之自民党参議院議員は「給与、休暇、かっこいいの『新3K』にふさわしいユニホームの普及に努めたい」と語った。内田俊一建設業振興基金理事長は「(ユニホームに)職人へのメッセージを込めれば若い人が来てくれる」と述べた。
 発表会後の記者会見で青柳会長は「できることから業界の魅力アップに貢献することが求められている」と強調した。

(日刊建設工業新聞様より引用)