全鉄筋/ロゴマーク選定/最優秀に関西鉄筋・田外勝哉さん、テーマは「支える人」

 全国鉄筋工事業協会(全鉄筋、岩田正吾会長)は、新しいロゴマークを選定した。会員企業の社員や家族を対象に作品を募集し、約100点の応募があった。その中から、最優秀賞に関西鉄筋工業協同組合(岩田正吾理事長)に所属するタソト工業(大阪府門真市)の田外勝哉さんによる作品を選んだ。
 最優秀賞に選ばれたロゴマークのモチーフは「支える人」。上方の長方形で鉄筋、その下の円形と流線形で鉄筋業に従事する人を表現している。カラーは清潔感と信頼性を表現するためにブルー系とした。
 ロゴマークと合わせて「全国鉄筋工事業協会」「全鉄筋」の文字をデザインした3タイプのロゴも制作。マークと組み合わせて名刺やホームページ、封筒などに活用していく。
 田外さんは「これから多様な場所で使われるロゴを制作できたことは非常にうれしく、この経験を生かして自らの活動をさらに精力的なものにしていきたい」と語った。

(日刊建設工業新聞様より引用)