内川選手ら熊本の被災地で交流 プロ野球ソフトバンク – 北海道新聞


内川選手ら熊本の被災地で交流 プロ野球ソフトバンク
北海道新聞
プロ野球ソフトバンクの工藤公康監督や内川聖一主将ら9選手が21日、熊本地震で大きな被害を受けた熊本県益城町を訪問した。現在も避難所となっている益城町総合体育館で約400人にサインを書いたほか、握手や記念撮影に応じた。小学校では子どもと野球をして交流。

and more »
(熊本 - Google News様より引用)