凜/フジテック首都圏統括本部北関東支店・野澤知代さん

 ◇顧客と積極的に会話し信頼得る
 高等専門学校時代に電子制御などの分野を中心に勉強した。そこで学んだ知識を生かしたいとの思いと、体を動かせる職場で働きたいとの思いから、フジテックに入社。現場への配属を希望した。
 入社9年目。現在、埼玉県内に設置されているエレベーターやエスカレーターの点検・修理を担当している。フジテックの女性社員で初めて、昇降機の年次検査に必要な国家資格「昇降機等検査員」の資格を取得した。
 昇降機のメンテナンスを行うのは大半が男性の作業員。「力仕事は多いが、細かいところまで気を配りながら仕事に取り組んでいる」。
 顧客には「技術者は男性」というイメージがいまだに強く、女性だと不安に思われることもあるという。そのため「お客さまに積極的に話し掛け、作業内容を細かく伝える」という工夫を凝らし、信頼を得るように心掛けている。
 日々の業務の中で、現状に満足せず常にワンランク上の技術習得を目指している。「お客さまにもっと頼ってもらえるように勉強して技術を向上させる」のが今の目標だ。
 社内に女性の現場技術者が増えてきたこともあり、後輩を指導する立場にもなってきた。「これまで経験したことを生かして、積極的にみんなをサポートしたい」と、教育指導にも注力するつもりだ。
 (のざわ・ともよ)

(日刊建設工業新聞様より引用)