凜/熊谷組関西支店・山地基世さん/すべてを見られる技術者へ挑戦

 入社10年目。支店では最も現場経験の豊富な女性技術者だ。子どもの頃、設計事務所を営む親戚に住宅の設計図や模型を見せてもらったことでものづくりに興味を抱き、大学で建築学科に進んだ。設計を中心に学んでいたが、3年生の就職活動で「1分の1を造りたい」との思いからゼネコンの施工管理を志望した。
 最初の配属先は大阪市内のマンション現場。着工から竣工まで携わり、施工管理の基礎を学んだ。「施工中は箱を造っている感じだったが、入居後の対応で部屋に上がらせてもらい、初めて人が住むためのものを造っていたと実感できてうれしかった」と振り返る。
 その後、家電量販店や大学などの現場を経験。現在手掛ける神戸市内のマンションが8現場目となる。「総合的にすべてを見られるようになりたい。病院にも挑戦してみたい」と目標を語り、1級建築士の試験勉強もしている。
 「入社当時は体力的に無理をしたこともあった。つらいと言ってはいけないと思っていたし、上司や先輩に言い出すこと自体が恥ずかしかった」が、後輩もできた今は、男女の差はあると割り切ることを覚えた。「ここは女性の監督さんがいるんだね」から「女性の監督さんが増えてきたね」と言われるようになってきた。「時間はかかるかもしれないが、女性が現場にいることが普通のことになってほしい」と願っている。
 (建築事業部建築部、やまじ・もとよ)

(日刊建設工業新聞様より引用)