名古屋鉄道/名鉄犬山ホテル再開発(愛知県犬山市)/IHGと提携、21年度下期開業

 名古屋鉄道は、名鉄犬山ホテル(愛知県犬山市)の再開発計画を発表した。現在のホテルを19年8月末に閉店させ既存施設を解体、跡地に「ホテルインディゴ犬山有楽苑」を建設する。21年度下半期の開業を目指す。
 同ホテルは1965年完成で、耐震性不足が課題となっていた。新ホテルは、イギリスに本拠を置くインターコンチネンタルホテルズ・グループ(IHG)と提携。IHGが運営するホテルインディゴブランドとして開業させる。外資系のノウハウと知名度を使い、インバウンド(訪日外国人旅行者)呼び込みに力を入れる。客室数150室。レストラン、スパ、ラウンジ、フィットネスクラブ、宴会場などを備える。施設の詳細については今後、IHGと協議して詰めていく。
 同ブランドのホテルは箱根(神奈川県)に続き国内2店舗目となる。

(日刊建設工業新聞様より引用)