味の素冷凍食品、通期国内は増益へ バリューチェーンで生産性向上を図る

 家庭用冷食の売上げが好調な味の素冷凍食品は、味の素社と同じく今期が中期経営計画の初年度となる。味の素グループ冷食事業として、最終19年度に売上高2500億円規模を目指す野心的な中計だ。 今期の国内外の事業推移と来期の方針や課題について、会...
(日本食糧新聞様より引用)