味の素社、培地受託製造参入へ合弁 再生医療の臨床に照準

 味の素社は、再生医療を支えるiPS細胞(人工多能性幹細胞)やES細胞(胚性幹細胞)の研究が今後、臨床段階を迎えるとの見通しに照準を合わせ、それらの細胞の樹立・保存・増殖工程に用いる培地(栄養液)の受託製造事業に参入する。再生医療用培地受託...
(日本食糧新聞様より引用)