回転窓/金曜日からの挑戦状

 2017年はどんな変化が起きるのか。新たな動きで気になっているのは「プレミアムフライデー」▼月末の金曜の勤務を早めに切り上げ、余暇などに使おうという運動で、来月24日に初めて実施される。買い物や外食、旅行といった消費の掘り起こしにつなげるのが狙いという。大手旅行会社がプレミアムフライデーに焦点を定めたツアー商品を売り出すなど商戦も徐々に熱を帯びてきた▼実現できるのはゆとりのある一部の人だけ…。一方でそうした印象も拭えない。どこかで力を抜くと、別の部分にしわ寄せも行きがち。建設産業では週休2日でさえ挑戦が始まったばかりだ。金曜の仕事を減らすところまで到達するのは正直、先の先と言える▼ただ、プレミアムフライデーが導入された組織は若い人にとっては魅力的に映るはず。休みを取りやすい産業や企業に人はより集まる。休日格差が人材格差に直結する時代。担い手獲得競争での挑戦状にもなり得る▼生産力を維持しながら休みを増やすには革新を起こすほかない。建設現場の生産性向上策「i-Construction」を糸口に、新たな世界を切り開きたい。

(日刊建設工業新聞様より引用)