回転窓/高校「地理総合」の必修化

 1995年の阪神大震災を契機に本格化したのがGIS(地理情報システム)の活用に向けた取り組み。これまでに推進のための法制度も整備されているが、高校での教育とは必ずしもリンクしないで来たようだ▼89年改定の学習指導要領では、高校で世界史が必修化され、それまで必修だった日本史と地理が選択科目になった。以来四半世紀以上がたって生徒たちの地理への関心は相対的に低くなっているのが現状という▼こうした中で次期学習指導要領を議論してきた中央教育審議会が昨年末、「地理総合」を高校の必修科目にするよう答申した。環境や防災などの地理的課題を学ぶ科目で、GIS活用を教育面から後押しすると期待される▼文部科学省は2017年度に改定指導要領を告示。22年度から移行する予定だが、大きな課題が地理を教える専門教員の不足。一昨年に国土地理院が地理総合の必修化も見据えて「地理教育支援チーム」を設置し、昨年3月に提言をまとめている▼進展著しいGIS技術の恩恵を社会が享受するには産官学が綿密に連携し、GISリテラシー教育を充実させていくことが欠かせない。

(日刊建設工業新聞様より引用)