国交省/公共建築標準仕様書で「しっくい塗り仕上げ」復活/19年版で規定へ

 国土交通省は、19年版の公共建築工事標準仕様書で左官工事の項目に「しっくい塗り仕上げ」を復活させる方針だ。日本左官業組合連合会(日左連、長谷川哲義会長)が自民党の左官業振興議員連盟(石破茂会長)を通じ要望していた。1965年版で削除された規定が半世紀ぶりに復活する。仕様書に適用範囲や材料、工法といった規定が掲載されることで、RC造など非木造を含めた需要拡大が見込めそうだ。
 3年ごとに見直される標準仕様書は、公共建築工事に関する政府各機関統一の基準となっている。次期改定に向けて国交省が原案を作成した上で、各省の了解を取り付けて成案とする。しっくい塗り仕上げは、初弾の1948年版に規定されていたが、高度経済成長に伴う大量建築の時代に伝統的な工法の使用が少なくなり、65年版から記述が削除された。
 官庁施設整備では、2010年施行の公共建築物木造利用促進法をきっかけに、木造化や内装などの木質化が進められるようになった。同法を踏まえて作成された16年版「公共建築木造工事標準仕様書」には、しっくい塗り仕上げが規定され木下地と合わせた活用が図られている。
 国交省は日左連の要望も踏まえ、非木造の建物でも木材利用を推進する観点から、公共建築工事標準仕様書の「建築工事編」にしっくい塗り仕上げの規定を掲載する方向で検討している。
 標準仕様書の内容は、都道府県や政令市が作成する仕様書に、全編にわたって取り込まれている。今回追加見込みのしっくい塗り仕上げも「(自治体仕様書に)反映されると考えられる」(川元茂官庁営繕部長)ため、公共建築工事全般で需要拡大の可能性がある。
 16年版の公共建築工事標準仕様書には、左官工事の項目に▽モルタル塗り▽床コンクリート直ならし仕上げ▽セルフレベリング材塗り▽仕上塗材仕上げ▽マスチック塗材塗り▽せっこうプラスター塗り▽ロックウール吹き付け-の7規定が掲載されている。

(日刊建設工業新聞様より引用)