国交省/官庁営繕で週休2日工事モニタリング開始/対象に7件、順次追加へ

 国土交通省は直轄営繕工事で現場閉所を含む週休2日工事のモニタリングを始める。1日時点で静岡県警察学校炊食浴棟建築工事や新宿税務署増築棟建築その他工事など計7件を対象工事に設定。工事完了時に受発注者へのアンケートを通じて週休2日確保の阻害要因を把握し改善策を検討する。今後も受発注者間でモニタリング実施の協議が整い次第、対象工事を順次追加する。
 国交省官房官庁営繕部は公共建築工事の特性などを踏まえ、働き方改革の実現に取り組んでいる。直轄工事で用いる公共建築工事標準仕様書には原則土・日曜と祝日には工事を行わないと明記されているが、さまざまな事情で週休2日が確保されていない場合もあるという。そこで現場閉所を含む週休2日工事のモニタリングを実施する。
 対象は本年度発注の延べ1000平方メートル以上の新築工事。契約後に受発注者間でモニタリングの実施について協議が整った案件から順次実施する。原則土・日曜と祝日の現場閉所を試行するが、現場状況に応じて4週8閉所などの設定も可能。目標達成に向けて課題が生じた場合は、受発注者間で要因を把握し、対応策を協議。課題の解消に努める。工事完了時点で受発注者にアンケートを行う。
 対象工事と受注者は、▽H29静岡県警察学校炊食浴棟建築工事=名工建設▽同電気設備工事=小林電気工業▽同機械設備工事=三建設備工業▽新宿税務署増築棟(17)建築その他工事=淺沼組東京本店▽同電気設備その他工事=サンテック▽同機械設備その他工事=精研東京本社▽新宿税務署(17)エレベーター設備工事=日本エレベーター製造。
 詳細は官庁営繕部ホームページ(http://www.mlit.go.jp/gobuild/gobuild_tk2_000042.html)で公表している。

(日刊建設工業新聞様より引用)