国交省/技能者のリカレント教育推進/基礎・職長・指導者、3編の映像コンテンツ作成

 国土交通省は建設現場に従事する技能者を対象とした研修プログラムを作成する。職人の基礎的な技能を学ぶ「基礎編」、職長として必要な技能を習得する「職長編」、適切な指導方法を身に付ける「指導者編」の3段階の映像コンテンツを制作。ウェブサイトを通じて映像を公開し、遠隔地でも受講できるようにする。広く普及させ、中堅人材の育成に役立ててもらう。
 国交省は従事者一人一人の生産性を高めることを通じて中小建設企業の生産性革命を進める方向を打ち出し、17年度補正予算案で中小建設企業の人材育成推進に向けた経費として2億99百万円を計上。うち建設リカレント教育を通じた中堅人材の技能水準向上などに1億99百万円を充てる。
 建設リカレント教育に関する施策の一つとして、遠隔地でも受講可能な映像コンテンツを作る。ウェブサイトを制作して映像を公開する環境も整備する。
 建設現場で働く技能者が作業する上で必要となる基礎的な技能を習得する基礎編は、▽造園▽建築板金(内外装板金)▽同(ダクト板金)▽電気機器組み立て▽冷凍空気調和機器施工▽建築大工▽瓦ぶき▽とび▽左官▽タイル張り▽配管▽型枠施工▽鉄筋施工▽コンクリート圧送施工▽防水施工▽樹脂接着剤注入施工▽内装仕上げ施工(床仕上げ)▽同(鋼製下地)▽同(ボード仕上げ)▽熱絶縁施工▽カーテンウオール、サッシ施工▽塗装-の22職種が対象。関係業界団体の意見を聴取しながら、動きのポイントや注意点など習得すべき技能を整理・分析した上で映像を制作する。
 職長編は、代表的な▽とび工▽型枠大工▽鉄筋工▽内装工▽塗装工▽電気工-の6職種が対象。建設現場での一連の作業手順と、各手順で職長として習得すべき技能など(品質、安全、作業効率の観点からのポイント)を整理・分析し、職種ごとに映像を作る。
 指導者編は、すべての職種で技能講習を行う講師や後進の指導に当たる人を対象に、指導者として適切な指導方法を身に付けることを目的とした映像コンテンツ。「正しいほめ方・叱り方」「うまくできない人への声の掛け方」といった指導者として習得すべき指導方法をマニュアルとして整理。それを基に、良い例と悪い例などを交えながら映像を制作する。

(日刊建設工業新聞様より引用)