国交省/生産性革命プロに指定/新大阪駅地下に新幹線乗り入れ新ホーム整備

 国土交通省は、新大阪駅の地下に新幹線が乗り入れる新ホームを整備する。29日付で同省の「生産性革命プロジェクト」に位置付けた。リニア中央新幹線の開業を見据え2037年ごろの完成を目指す。今夏の19年度予算概算要求で調査費を計上し、施工コストを抑えるスキームを検討する。=2面に関連記事
 新大阪駅は営業中の東海道新幹線と山陽・九州新幹線鹿児島ルート(博多~鹿児島中央)が乗り入れ、高架ホームはフル稼働状態にある。今後数十年以内にリニア中央新幹線や北陸新幹線、九州新幹線長崎ルート、都市鉄道なにわ筋線などが乗り入れる計画・構想もあり、現在の施設では円滑な発着と運行に支障が出る可能性が高い。
 国交省は、駅周辺や構内でまとまった用地が確保しにくい新大阪駅の地下に新幹線のホームを新設することにした。29日に決定した生産性革命プロジェクトの追加案件として新大阪駅の「地方創生回廊中央駅構想」を決定。東京駅と並ぶ新幹線ネットワークのハブとしてさらなる結節機能強化を目指す方針を打ち出した。
 国交省によると、もともと新大阪駅地下ではJR東海が自前でリニア中央新幹線のホームを建設し、従来の整備新幹線と同様に鉄道建設・運輸施設整備支援機構が主体となって北陸新幹線のホームを建設する計画。ここにきて九州新幹線長崎ルートや都市鉄道なにわ筋線なども乗り入れる計画・構想が浮上した。
 国交省は新大阪駅地下ホームの新設に向けた調査を、18年度予算に計上した北陸新幹線敦賀~新大阪のルート選定関連調査費を使って進めている。19年度予算概算要求では新大阪駅地下ホームの新設に特化した調査費を計上。19年度までに官民の関係者が効率的なスキームを話し合う会議の設置も検討している。

(日刊建設工業新聞様より引用)