国交省/鉄道在来線の耐震化推進/緊急輸送道路上の跨線橋、22年度に補強完了へ

 国土交通省は、鉄道在来線施設の耐震化目標を見直す。16年4月に発生した熊本地震で橋梁の大規模被害が相次いだのを教訓に、全国で災害時の緊急輸送道路にある跨(こ)線橋の耐震補強を着実に推進する。現在は明確にしていない完了目標時期は22年度に設定した。
 現在の鉄道在来線施設の耐震化目標では、緊急輸送道路にある跨線橋と、緊急輸送道路と並走する線区の耐震化を推進するとしているが、いずれも具体的な完了目標時期を設定していない。熊本地震では、熊本県内を通る九州自動車道の本線上に架かる跨道橋の落橋事故が発生し、救援物資の輸送に支障を来した。鉄道橋の被害規模は道路より小さかったが、南阿蘇鉄道の鉄橋では桁の損傷などが発生した。
 そこで国交省は熊本地震を教訓に、被害が発生すると救援物資の輸送や災害復旧に大きな支障を来すとみられる緊急輸送道路の跨線橋と、緊急輸送道路と並走する線区について耐震補強の完了目標時期を初めて明確に設定した。
 併せて、耐震補強を17年度末までにおおむね完了させるとしていた「1日当たりの平均片道断面輸送量1万人以上の線区」(16年度末時点の耐震化率97%)と、「1日当たりの平均乗降客数1万人以上の駅」(94%)の完了目標時期も22年度へと見直した。耐震補強を完了していない線区や駅は公表していないが、地域別では「西日本の方がやや多い傾向」(鉄道局施設課)という。

(日刊建設工業新聞様より引用)