国交省/高松空港コンセッション事業/優先交渉権者に三菱地所グループ

 国土交通省は26日、高松空港のコンセッション(公共施設等運営権)事業で優先交渉権者に三菱地所・大成建設・パシフィックコンサルタンツグループを選定した。審査委員会(委員長・加藤一誠慶大教授)が第2次審査を行った。三菱地所を代表企業とする同グループにはほかに、シンボルタワー開発(高松市)も参加している。
 同グループは今後、国交省との間で8月に基本協定、10月に運営権設定・実施契約を結び、12月にビル施設等事業を開始。18年4月に空港運営事業を始める。
 2次審査の結果は、同グループが164・3点でトップ。高松空港ORIGINALグループ(代表企業はオリックス)は155・5点を獲得し、次点交渉権者となった。香川・四国・せとうちの未来を創るコンソーシアム(代表企業は穴吹興産)は137・4点だった。
 事業期間は最長55年(当初15年、オプション延長35年以内、不可抗力等による延長)。事業範囲は、空港運営等事業、ターミナルビル事業、駐車場事業などとなっている。

(日刊建設工業新聞様より引用)