国交省/ECI適用業務のCIM活用法検討/検討項目設定、基準類整備へ

 国土交通省は直轄工事の詳細設計業務で、設計段階から施工者が関与するECI(アーリー・コントラクター・インボルブメント)方式による実現性の高いCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)モデルの構築手法や運用方法を検討する。ECIで発注する業務に、CIM活用の充実に向けた検討項目を設定。基準類の整備につなげるとともに、CIMの適切な運用方法の検証を進める。
 国交省は建設現場の生産性向上策i-Construction推進の一環として、17年3月に「CIM導入ガイドライン」を策定。17年度は調査・測量から設計、施工、検査、維持管理までの全プロセスに3次元(3D)モデルを適用・拡大するため、CIMの導入に取り組んでいる。
 産官学による「CIM導入推進委員会」(委員長・矢吹信喜阪大大学院教授)に本年度、「CIM実施体制検討ワーキンググループ(WG)」を設置。CIMを効率的に活用する体制や推進方策を検討していく。
 具体的には、ECI方式で発注する業務に、▽属性情報の付与方法▽CIMモデルによる数量、工事費、工期算出▽施工段階を見据えたCIMモデル構築▽CIMモデルのデータ共有方法-などの検討項目を設定。CIMモデルで納品することを想定した属性情報の付与方法やCIMモデルを用いた事業費・工期の算出方法、受発注者間での効率的なCIMモデルの確認・共有・利活用方法などを検討する。
 CIM活用業務として中国地方整備局が「平成29年度岡山環状南道路大樋橋西高架橋等詳細設計業務」を公告。長さ147メートルの3径間連続鋼床版箱桁橋や逆T式橋台、ラーメン式橋脚などの詳細設計をCIMモデルを活用して実施する。
 同業務はCIM導入推進委員会の17年度取り組み方針に沿い、ECI方式の適用が想定される。詳細設計業務とは別に、ECI方式で施工に関する優先交渉権者を選定し、技術協力業務を締結。設計の段階から施工者が関与しながら、3Dモデルを構築・活用することで最適設計を図る。

(日刊建設工業新聞様より引用)