土佐工業(千葉県船橋市)/フリーペーパー『けんせつ姫』創刊/現場で働く女性に焦点

 上下水道工事などを手掛ける土佐工業(千葉県船橋市、柴田久恵社長)が、建築・土木業界に従事する女性に焦点を当てたフリーペーパー『けんせつ姫』を創刊した=写真。
 創刊号では、現場で働く女性13人が登場。仕事への思いや一日のスケジュールなどを紹介している。型枠大工のリーダーを務める入社1年の新人から、現場監督の20代女性、夫と型枠工事会社を立ち上げた女性などバリエーションに富んでいる。建設業で働く女性を身近に感じてもらおうと普段着の姿も掲載した。
 A4判で、発行部数は1000冊。女性たちが輝く姿を、次世代を担う学生たちに発信しようと、関東圏の建築・土木学科がある専門学校や大学などに配布している。
 編集長は柴田社長が務める。21歳から現場作業員として働いてきた経験があり、3児の母という顔も持つ。柴田社長は「建設業界でも結婚ができて、子どもを産むことができる。そういう職種であると訴えたい」と話している。

(日刊建設工業新聞様より引用)