地熱発電 動き活発化 大分、熊本、鹿児島などで開始 国立公園内の開発緩和も – 西日本新聞


西日本新聞

地熱発電 動き活発化 大分、熊本、鹿児島などで開始 国立公園内の開発緩和も
西日本新聞
それでも固定価格買い取り制度の導入で調達価格が1キロワット時当たり26~40円と定められたことなどから、最近になって大分、熊本、鹿児島、長野各県で、小規模ながら新たな地熱発電所が運転を始めた。 政府は、2030年までに地熱発電の容量を最大で約100万 ...

(熊本 - Google News様より引用)