地震被災・熊本の球児2人が大役 甲子園で始球式、入場行進先導 – 西日本新聞


西日本新聞

地震被災・熊本の球児2人が大役 甲子園で始球式、入場行進先導
西日本新聞
7日に開幕した第98回全国高校野球選手権大会で、熊本地震で被災した球児2人が大役を果たした。阿蘇中央高(熊本県阿蘇市)の倉岡真聖(まさきよ)主将(18)は始球式のマウンドに立ち、東稜高(熊本市)の山門憲司主将(18)は開会式で入場行進の先導役を務めた。
阿蘇中央・倉岡主将が始球式 熊本地震で被災日刊スポーツ
始球式は熊本中央の主将、感謝を込めてナイスボール 地震後2週間避難産経ニュース

all 8 news articles »
(熊本 - Google News様より引用)