壁面収納商品の販売開始

1人でも取り付け可能

大和ハウスグループのデザインアーク(大阪市)は9月28日、賃貸住宅向け壁面収納商品『Accessory Wall(アクセサリーウォール)』の販売を開始した。

壁面を利用するため居住空間を邪魔せず最大1㎡の収納スペースを確保できるのが特徴だ。
1人でも施工が可能で、作業工程を4つに絞り、簡単に取り付けられるよう工夫した。
全国の賃貸管理会社やリフォーム会社、ハウスメーカー向けに販売する。

同社は「管理会社にヒアリングしたときに、1Kや1DKの物件の空室対策になる商品を求める声が上がっていた。単身者向け物件では収納部分が不足がちなため、デッドスペースを生かして収納部分が取れる今回の商品の開発に至った」と語る。

サイズは1161mm × 880mmで重さは19kg。
面材にクロスを張り、室内のデザインと統一感を出すこともできる。
価格はオプションによりオープン価格で6~12万円。
月間100台の販売を見込む。

(全国賃貸住宅新聞様より引用)