大成建設、イクシー/遠隔操作に力触覚伝達技術利用/生産施設向け、18年度実用化へ

 大成建設は、力触覚提示デバイスの開発などを行うイクシー(東京都中央区、山浦博志社長)と共同で、力触覚伝達技術を利用した遠隔操作システムの開発に着手した。力触覚グローブで遠隔操作したロボットアームが感じた硬さや軟らかさなどの触覚情報を操作側に伝え、触覚に応じた微妙な力加減での作業をロボットアームで実現する。17年度中にプロトタイプを完成させ、18年度の実用化を目指す。
 生産施設ではさまざまな自動化ロボットや装置が導入され生産工程の効率化が図られているが、力加減の再現は現在のロボットでは対応が難しい。このため人の手に頼らざるを得ない労働集約型作業が多く残り、作業効率の低下や熟練作業員不足などの課題が山積している。
 こうした課題の解決には特定用途ごとに自動化ロボットや装置を開発する方法があるが、技術開発には多くのコストと時間が必要になる。そこで両社は、イクシーが開発した外骨格型の力触覚提示デバイス「EXOS」を活用した遠隔操作システムの開発を6月に始めた。
 EXOSは、身に付けた人の手にバーチャルな物体に触れた感覚を提示する力触覚グローブ。仮想現実(VR)を用いたゲームに実用化されており、内蔵するモーターでユーザーの指に反力を与えることで、実際に物に触れたような感覚を再現できる。
 現在開発しているのは、EXOSと5指ハンドを備えたロボットアームを組み合わせる遠隔操作ステム。物体の硬さや軟らかさなどの触覚と、物体を扱う際の力加減の情報を双方向に伝達することで、インターネットを介して遠隔地でも対象物の手触りを感じながら、力加減を伴う遠隔操作を可能にする。
 システムの構築により、時間や場所を問わずに作業が可能となり、生産性向上につながるほか、医薬品製造工場の無菌室など、作業員が立ち入れない環境下でも力加減を必要とする作業が可能になる。
 今後は遠隔操作による物体把持などの力加減を現場にフィードバックする技術やディスプレーを介して実映像を確認しながら正確に遠隔操作を行う技術を開発し、18年度の実用化を目指す。
 さらに将来的には作業手順や作業時の実映像、力加減などの操作データの保存・蓄積と人工知能(AI)を活用したデータの学習を行い、2020年にロボットの自己判断による作業の実現を目指す考えだ。

(日刊建設工業新聞様より引用)