大成建設、JFE建材/大スパン・高荷重対応可能な合成スラブ開発/コスト削減実現

 大成建設は22日、JFE建材と共同で大スパンや高荷重に対応可能な合成スラブを開発したと発表した。S造に適用可能な耐火構造の大臣認定(2時間耐火)を取得済み。従来の合成スラブを適用できなかったスパンの大きいエリアにも適用可能となり、建築計画の自由度と施工性を向上させた。一般的に合成スラブはRCスラブと併用して床に使うが、開発した合成スラブはRCスラブと併用する必要がなく、作業の省力化によるコスト削減も実現した。
 開発した「T-Heavy Zone Deck」は鉄筋補強筋を増量し、鉄骨梁とデッキプレートの接合を独自工法でより強固にした。積載荷重が増強した点と、これまで適用できなかった大スパンにも使用できるようになった点の二つが主な特長だ。積載荷重は従来の合成スラブが1平方メートル当たり9800ニュートン(N)なのに対し、1万2000Nと2割程度増強した。
 通常、合成スラブはS造のオフィスビルなどの床に使われるが、大型の書架や複合機などの重量物を置く場所では荷重に耐えられないため、RCスラブを部分的に使っている。そのため重量物を置けるエリアはRCスラブを使用した部分に限定されていた。RCスラブと合成スラブが同一階に混在することで、煩雑な施工がコストアップにつながるという課題もあった。
 積載荷重が増強したことで、重量物をどこにでも置けるようになり、建築計画の自由度が向上。異なるスラブ同士の煩雑な納まりを施工する必要が無くなるため、コストも削減した。RCスラブの施工に伴う配筋作業がなくなり、使用する鉄筋量が減ることで、同じ面積の場合と比較して10%程度コスト削減が見込めるという。
 従来の合成スラブはスパンが長くなるにつれて許容積載荷重が低下する。開発した合成スラブは最長で3・6メートルのスパンまで積載荷重1万2000Nを維持。従来の合成スラブだとスパン3・6メートルの場合積載荷重は5400Nが上限となっており、その約2・2倍の強度を実現した。

(日刊建設工業新聞様より引用)