大成建設/地中連続壁つなぐ高性能継ぎ手工法を開発/仮設工事省略、コスト10%減

 大成建設は地中連続壁をつなぐ新しい継ぎ手の工法を開発した。従来の継ぎ手工法の「剛結継ぎ手」と「フリー継ぎ手」を組み合わせた工法。二つの工法で得られる応力伝達機能を持ちながら、従来工法で行っている仮設工事を省略できるのが特長だ。従来工法と比較して10%程度のコスト削減が見込まれるという。同社は超高層ビルや地下駅などの工事へ新工法の適用を目指す。
 従来工法の剛結継ぎ手では、先行エレメントのコンクリート打設前に継ぎ手を差す空間にコンクリートが漏れないよう、鉄筋かごの建て込みを行っている。さらに後行エレメントの掘削前には先行エレメントに取り付けた鉄筋を掘削作業で傷つけないよう、鉄筋を防護する仮設工を行い、掘削後に撤去している。
 同社が開発した「T-Scutジョイント」はこれらの仮設工事を省略すると同時に、止水性を高めた高品質な地中連続壁の構築を可能にした。
 施工フローは、まず先行エレメント構築時に後行エレメント側の端に空洞を内包した状態のコンクリートを打設。続いて後行エレメントを掘削し、同時に閉塞した空洞が凹型に開放されるよう、空洞にふたをしているコンクリートも切削する。後行エレメントにコンクリートを打設し開放した空洞部分にまで行き渡らせる。
 後行エレメントのコンクリートを空洞部分にまで充填させることで、先行と後行のコンクリート面がかみ合い、フリー継ぎ手同様に軸力を伝達する機能を持つ。さらに空洞に継ぎ手のスタッドを取り付けることで剛結継ぎ手が持つ面内せん断補強の機能も発揮され、継ぎ手としての機能が向上する仕組みだ。継ぎ手空間の空洞にスタッドの代わりに止水板を設置すれば、止水機能に優れた高機能な継ぎ手の構築も可能となる。
 同社の試算によると、コンクリート量5000平方メートルの規模で剛結継ぎ手と新工法を比較した場合、新工法は継ぎ手の製作や施工にかかる手間が剛結継ぎ手の約10%にまで抑えられるという。また、新工法では剛結継ぎ手の際に行っている仮設工事などを省略できるため、工事費を全体で約10%カットできる計算だ。

(日刊建設工業新聞様より引用)