大成建設/独自の地盤改良工法を改良/スラブを残したまま施工可能に

 大成建設は、日特建設と共同開発した液状化対策の地盤改良工法を改良した。施工機械を小型化し、基礎スラブを残したまま建物直下の地盤を改良できるようにした。改良型の工法を、増床を伴う建物の改修工事に適用。施工後のボーリング調査で地盤の耐力が十分なことを確認した。今後は増床を伴う改修工事、免震装置の取り付け工事などに改良型の工法を積極活用する考えだ。
 地盤改良工法の「WinBLADE工法」は、はさみのように開閉する小型の攪拌(かくはん)翼を地中で回転させ、セメントミルクを混ぜ込みながら引き上げと引き下げを繰り返し、円柱状の改良体を構築する。改良体は垂直や斜めなど任意の角度で構築可能。攪拌翼の開閉によって地中埋設物を避けて施工できる。
 改良型の工法を適用したのは、既存建物の耐震補強と増床を伴う改修工事。増床により荷重が増すため、スラブ直下の地盤に最長8メートルの地盤改良体を8本構築した。
 従来型よりも狭い場所での施工を可能にするため、施工機械をひと回り小型化した。改良によって施工必要ヤードは約32平方メートルから約8平方メートルに縮小し、狭い場所や建物内での施工が可能になった。
 硬質な粘性土質地盤や二重スラブにも対応可能になった。粘性土質地盤の対応に向けては、削孔性が増すよう攪拌翼の羽形状を改良するとともに、施工手順を見直した。主に砂地盤を想定した従来の施工手順では改良体を構築する作業を3回に分けて実施。改良後は改良体を構築する前に全深度を削孔する手順を追加した。攪拌翼を使って地盤を一度ほぐすことで、粘土質地盤でもスムーズに施工できるようになった。
 二重スラブへの対応に当たっては、間隔があるスラブに鋼製スパイラル管を貫通させ、排土を確実に回収する経路を確保。排土がうまく回収できなかったり、詰まったりすることを防いだ。スパイラル管は施工後に撤去する。

(日刊建設工業新聞様より引用)