大成建設/現場打ちコンクリ工事向けCIMシステム構築/打設完了まで情報電子化

 大成建設は、現場打ちコンクリート工事向けにCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)のシステムを構築し、橋梁など土木構造物の現場で運用を開始した。生コン工場での練り混ぜから打設完了までの情報を電子化し、インターネット上のサーバーで共有する。打設後に作成していた打設管理帳票や品質試験管理図などの自動出力も可能で、業務の効率化につながる。
 現場打ちコンクリート工事の打設管理では、生コンの情報は工場からの出荷伝票や工事担当者が現場で記入する野帳情報で管理するため、現場関係者間でリアルタイムの情報共有が難しい点が課題とされる。
 新システムは、土木作業所に導入を進めている施工関連情報を管理・共有する独自のCIMシステム「T-CIM」を構成する要素の一つ。ダムやトンネル、橋梁など、どの工事にも共通する現場打ちコンクリート工事を対象にし、「T-CIM/Concrete」と名付けた。
 インターネットに接続できる情報端末から、いつでもどこでもコンクリートの出荷状況、運搬状況、受け入れ状況、打設状況、品質試験結果を入力・閲覧できる。
 生コン工場では、出荷担当者がタブレットをワンタッチし、出荷時刻を記録。受け入れ場所では、受け入れ担当者またはデリバリー担当者が受け入れ時の生コン車の車番や受領時刻、打設完了時刻を記録する。
 打設情報をリアルタイムに共有できるため、生コン車の待機時間や配車を最適管理でき、フレッシュな生コンの供給を実現する。ウェブサーバー上での確実な履歴管理により、品質保証の信頼性が高まる。施工情報を3次元モデルにひも付けすることで、将来の維持管理にも活用できる。
 本年度から段階的に導入し、現在までに15現場で運用している。現場の担当者からは、「毎日の仕事で面倒な手間を省けるようになった」との声もあり、生産性の向上にもつながっている。今後はこのシステムを建築工事にも展開していく予定だ。

(日刊建設工業新聞様より引用)