大林組/タイでオフィスビル開発/延べ8・5万平米、21年完成めざす

 大林組はタイで開発事業に参入する。現地法人のタイ大林(バンコク、ソンポン・チンタウォンワニッチ社長)が首都バンコクの中心部に約7000平方メートルの土地を取得。地下4階地上29階建て延べ約8万5000平方メートルのオフィスビルを建設する。投資額は約300億円を見込み、2021年中の完成を目指す。
 賃貸収入を目的にタイで開発事業を手掛けるのは初めて。完成すれば大林組グループが国内外で単独所有する最大の賃貸物件となる。IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)を活用し、健康・快適性の観点を取り入れたスマートビルに仕上げる。主要交通機関BTS(高架鉄道)の駅に直結する。
 バンコクでは経済成長に伴い堅調に伸びるオフィス需要により、賃貸オフィスの空室率が低下傾向にある。とりわけ1フロア当たりの面積が広く、交通アクセスのよい大規模オフィスは需給が逼迫(ひっぱく)している。こうした需要も背景に、今後、開発事業への取り組みを強化していく方針だ。

(日刊建設工業新聞様より引用)