大林道路/舗装の無人化施工へ重機の制御機構を改造/20年に検証現場へ試行導入

 大林道路は、測量機・計測機器レンタルのソーキ(大阪市西区、都志直博社長)と共同で取り組んでいる無人化施工システムの開発に向けた第1段階として、タイヤローラーの電気制御式への改造を完了した。今後、タイヤローラー以外の重機の電気制御式への改造と並行し、自動運転のソフトウエア開発に着手する。20年には検証現場で無人化施工を試行導入したい考えだ。
 同社は施工の生産性や安全性を高めるため、アスファルト舗装の施工から品質管理までを遠隔操作などで行う無人化施工のシステム開発に取り組んでいる。無人化舗装に向けては走行操舵(そうだ)の無人制御、通信を使った施工の遠隔操作、施工情報のモニタリング、ICT(情報通信技術)を活用したマシンコントロールなど複数の技術融合を目指す。
 今後は施工を制御するソフトウエアの開発(18~19年)、一部有人による遠隔操作施工の確立(19~20年)、品質管理まで含めた無人自動制御(20年)と段階的に開発を推進する。

(日刊建設工業新聞様より引用)