奥村組/テレビCM初制作/女優の森川葵さんが新人理系女子に、1月28日放映

 実力派女優・森川葵さんが建設LOVEな新人理系女子に-。奥村組が初のテレビCMを制作した。CMは森川さん演じる「奥村くみ」が、物流センターやトンネルの建設現場などでのさまざまな出会いを通じ、大切な何かを見つけていくストーリー。全4話(各30秒)構成で、同社がメインスポンサーとして協賛する28日開催の「第37回大阪国際女子マラソン」番組内で放映される。
 奥村組の新入社員・奥村くみを演じる森川さんは、高校時代に工業科でインテリアを学んでいたため、ものづくりへの思いは人一倍。シンガー・ソングライターの竹原ピストルさんがCM用にオリジナル楽曲「いくぜ!いくか!いこうよ!」を提供した。
 企業のコンセプトCM(30秒・60秒)も併せて制作した。1907年の創業以来、「堅実経営」と「誠実施工」を信条に、建設の仕事に真摯(しんし)に向き合ってきた誇りと情熱を、CM中に表れる「建設が、好きだ。」というメッセージに込めたという。

(日刊建設工業新聞様より引用)