家電を自動運用する実証実験開始


東京電力と提携 賃貸住宅50戸対象

大和ハウスグループの大和リビングマネジメント(以下、大和LM:東京都江東区)は8月1日から3カ月間、東京電力パワーグリッド(以下、東京電力PG:東京都千代田区)と共同で、賃貸住宅内でIoTを活用したエネルギーマネジメントシステム構築のための実証実験を開始する。

対象となるのは、大和LMがサブリースする賃貸住宅50戸。
住戸ごとに、電気の使用状況や家電製品ごとの利用情報を抽出できる専用の電力センサー、住戸内の温度や湿度を測定する環境センサー付きのマルチリモコンを設置する。

東京電力PGは電力センサーから得た使用状況から、電気の使用量を予測するアルゴリズムを持つIoTのプラットフォームを開発する。
大和LMは、東京電力PGが提供する電気使用量予測や、マルチリモコンで得られる情報を、同社が提携するIoTプラットフォームに取り込み、エアコンなど家電製品を自動で運用・制御する機能を開発していく。

今後は、開発したシステムの賃貸住宅への本格導入も視野に入れる。

(全国賃貸住宅新聞様より引用)