寺岡精工、食品残渣可視化装置を発売 リアルタイムで検査

 寺岡精工は、「一般生菌数可視化装置」同様に励起蛍光方式を利用したコンタミグラフィー「食品残渣可視化装置」(荏原実業製)を10月中旬から発売する。 従来のATPふき取り検査よりも広範囲を検査でき、培養検査よりも迅速かつ無試薬で検査でき、リア...
(日本食糧新聞様より引用)