対話型人工知能サービスの開発に着手

ハウスコム(東京都港区)は9月28日、人と対話ができる人工知能『AIカンバセーションエンジン』の開発を始めたことを発表した。
ITシステム開発のビットエー(東京都港区)、マーケティングリサーチ事業のデータセクション(東京都渋谷区)、慶應義塾大学理工学部情報工学科萩原研究室と共同で行う。

人の感情をくみ取り、より深いコミュニケーションが成立する対話型人工知能サービスを開発し、これまでの仲介営業にはない顧客と持続的な関係づくりに生かす。

まずは、ペットの仮想人格をユーザー自身で作成し、そのペットと対話が楽しめるサービス『A.I.PET(エーアイペット)』の提供を目指す。

開発に当たり、データと実際の対話の双方から学習することや、一般ユーザーのカスタマイズを可能にしたいという。
同社はこれまで、AIを活用した物件検索や、物件情報に対する質問にチャット形式で返答するサービスを提供している。

(全国賃貸住宅新聞様より引用)