小柳建設(新潟県三条市)、日本マイクロソフト/建設現場でのホロレンズ活用で連携

 小柳建設(新潟県三条市、小柳卓蔵社長)と日本マイクロソフト(東京都港区、平野拓也社長)が20日、ホログラフィックコンピューター「マイクロソフトホロレンズ」を活用したプロジェクトで連携すると発表した。現実の風景に3次元(3D)画像を重ねて表示できるゴーグル型の端末で、計画・工事・検査の効率化と業務のトレーサビリティーの向上が可能。18年度にも建設現場に導入し、働き方改革につなげていく。
 両社でコンセプトモデルを開発した。活用方法の一つが、工程表のホログラム化。進ちょく状況や検査結果、使用された資機材などの履歴を関係者間で共有でき、膨大な書類作りを減らす効果が期待される。工程表の時間軸を動かすことで、建造物の3Dモデルが組み上がっていく様子も確認できる。建設業でのホロレンズの活用は国内初という。=7面に詳しく

(日刊建設工業新聞様より引用)