小田急電鉄/神奈川県海老名市にロマンスカー博物館建設/21年春開業へ

 小田急電鉄は、神奈川県海老名市の海老名駅隣接地に鉄道博物館「ロマンスカーミュージアム」=完成イメージ=を建設する。開業は21年春を予定している。歴代のロマンスカー車両やジオラマなどを展示し、小田急線の歴史を後世に伝える。開発中の海老名駅前地区でのシンボル施設に位置付ける。
 建設地は海老名駅に隣接するめぐみ町。計画によると敷地面積は約4000平方メートル。建物はS造2階建て延べ約4400平方メートル。「子どもも大人も楽しめる鉄道ミュージアム」がコンセプト。1階に歴代の特急ロマンスカー、開業時の車両などの展示とイベントスペース、レストスペースを配置。2階には沿線の風景を再現したジオラマ、運転シミュレーター、キッズゾーン、カフェ、グッズショップなどをそろえる。屋上には実際に走行する車両風景が楽しめるビュースポットを設ける。

(日刊建設工業新聞様より引用)