広島県/若手技術者奨励表彰制度創設/第1回受賞者に18人選定、6月4日に表彰式

 広島県は、土木建築局が所管する建設工事の施工に貢献した若手技術者を表彰する「若手技術者奨励表彰」の受賞者18人を決めた。同表彰制度は各地域で優秀な工事を担当した若手技術者を表彰することで、将来の建設産業を担う技術者の育成を図ることを目的に18年度に新設した。表彰式は6月4日に三次市の十日市コミュニティセンターで行う。式の後には建設業経営力強化セミナーも開催する。
 表彰対象工事は、17年度に県内業者が施工し、県が引き渡しを受けた最終契約額500万円以上の土木一式工事で、年齢がおおむね40歳以下の者が監理技術者または主任技術者として配置された工事。第1回の表彰対象は18工事18人を選んだ。
 受賞者は次の通り。▽受賞者名(所属会社)=工事名。敬称略。
 ▽水田竜介(洋伸建設)=地方港湾大西桟橋改良工事▽橋本直己(大之木建設)=一般県道大崎下島循環線(豊大橋)橋梁補修工事▽土居泰成(尼子建設)=砂防指定地区内河川西山本川砂防設備災害復旧工事▽道原徹行(洋伸建設)=国際拠点港湾広島港海田地区コンテナヤード改良工事▽三谷幸司(大新土木)=地方港湾厳島港(杉之浦地区)港整備交付金事業砂防堤基礎工事▽福馬崇文(成風土木)=一般国道375号道路災害防除工事
 ▽松山慎吾(松山)=一般県道廿日市停車場線道路維持修繕工事▽服部正志(服部組)=一級河川江の川水系志路原川河川災害復旧工事▽小林智幸(上垣組)=二級河川沼田川水系溝口川通常砂防工事▽津間廣耕平(藤原メセナ建設)=一級河川太田川水系内川砂防設備災害復旧工事外▽福島清文(平賀建設)=国道313号道路改良工事(その2)▽山本泰(佐々田土建)=御調川外河川維持修繕工事
 ▽赤木義博(横山建設)=国道182号道路災害防除工事(田川瀬トンネル)▽猪原朋紀(金光組)=砂防指定地内河川砂防設備災害復旧工事▽梶畑翔太(丸正商会)=主要地方道世羅甲田線交通安全施設等整備工事(交付金I種)(3工区)▽本田多(旭鉄工)=主要地方道広島空港本郷線外道路災害防除工事(トンネル補修)▽湯川信幸(やまなみ建設)=一般県道三和大和線道路再生改良工事▽山田昌弘(下田建設)=一般国道183号外道路災害防除工事。

(日刊建設工業新聞様より引用)