広島高速道路公社/5号線NATMトンネル工事(広島市東区)入札公告

 広島高速道路公社は7日、「高速5号線NATMトンネル工事」の一般競争入札を公示する。18年1月17日まで参加申請、同2月1日まで入札書を受け付け同2月2日に開札する。総合評価方式を試行する。
 参加資格は、土木工事業の入札参加資格の認定を受けている2者によるJV。代表者は土木工事業の認定の際の客観点数が1250点以上あり、広島県内に本店または支店等を有すること、NATMによる道路トンネル工事(新設)で、トンネル内空断面積の最大値が130平方メートル以上、トンネル延長が300メートル以上の工事を施工した実績を有することなど。第2構成員は、土木工事業の認定の際の客観点数が930点以上あり、広島県内に本店または支店等を有すること、土木一式工事で発注した道路改良工事を施工した実績を有することなど。
 工事延長は409メートル、幅員6・5メートル(10・5メートル)。このうちNATMによる機械掘削が延長321メートル、発破掘削が88メートル、坑門工1カ所、仮設工一式。設計は日本シビックコンサルタントが担当した。場所は広島市東区中山西2。工事期間は19年12月27日まで。

(日刊建設工業新聞様より引用)