建設業の海外展開

 国際競争力の強化と世界経済の取り組みを政策の柱の一つに位置づけるわが国の成長戦略。「質の高いインフラ輸出」をキーワードに、官民挙げた取り組みが行われている。本邦建設企業の優れた技術力を通じた国際貢献をさらに進めるとともに、受注しやすい環境整備に向けて上流段階への売り込みにも力を注ぐ。近年の建設業の海外展開について、国土交通省の海堀安喜建設流通政策審議官や、世界道路協会の次期副会長に就任の決まった菊川滋氏(元国土交通技監)にインタビューしたほか、最新の市場動向についてアジア4カ国の大使館職員にリポートを寄せてもらった。合わせて、インフラ整備を担うわが国の設計事務所や建設コンサルタント、建設会社の取り組みを紹介する。

(様より引用)