愛媛県土木部/16年度工事契約状況/落札率は93・0%

 愛媛県土木部は、16年度の建設工事契約状況をまとめた。契約件数は前年度比4・6%増の2586件、契約金額は23・9%増の529億4065万6000円、落札率は93・0%となっている。
 落札率については、県は「工事の品質確保と地域建設業の健全育成を図るため、過度な低価格での入札競争が行われないよう厳格な低入札対策を講じている」としており、15年度が91・4%、14年度が92・8%、13年度が91・7%、12年度が90・8%とわずかながら上昇傾向が見られる。
 契約件数と契約金額の入札方式別割合は、設計金額800万円以上(建築は1500万円以上)を対象とする一般競争入札が件数で25・9%、金額で77・3%、指名競争入札は件数で73・6%、金額で22・3%となっている。
 工事の品質の確保と受注者の指導育成を図るために実施している工事成績評定の平均点(土木部、農林水産部発注工事)は、土木部(建築除く)78・4点、同(建築)79・4点、農林水産部78・9点。主要な工種別の平均点は、土木一式78・6点、建築一式79・0点、とび・土工・コンクリート79・0点、電気78・3点、管77・9点、鋼構造物78・8点、舗装78・4点などとなっている。

(日刊建設工業新聞様より引用)