愛知県弥富市/新庁舎建設入札公告/2~3者JV、11月14日開札

 愛知県弥富市は11日、老朽化した旧庁舎を取り壊し、新庁舎の建設を行う「弥富市新庁舎建設工事」の一般競争入札を公告する。事後審査型。2または3者JVから10月2~27日に参加申請、11月10~13日に入札書等を受け付ける。開札は同14日。設計は大建設計が担当した。
 代表構成員は、建築工事の総合点数1700点以上で県内営業所。第2と第3構成員は同950点以上(市内営業所の場合は同700点以上)で津島、愛西、弥富、あま、大治、蟹江、飛島いずれかの市町村に営業所が条件。
 新庁舎は、SRC造(免震構造)6階建て延べ1万0966・7平方メートル。建設地を含めた同市の大部分がゼロメートル地帯にあることから、大地震などに対応するため、液状化対策の地盤改良や盛り土を併せて行う。S造2延べ3650平方メートルの立体駐車場と車庫、渡り廊下、倉庫なども新設する。
 取り壊す旧庁舎は、SRC造3階建て延べ6143平方メートル。地盤改良工事では、静的締め固め砂杭2074本を打ち込む。基礎工事には、場所打ちKCTB鋼管コンクリート拡底杭33本を採用する。工事場所は前ヶ須町。工期790日間。予定価格は事後公表。

(日刊建設工業新聞様より引用)