日建連/仮設関連のBIMデータ標準仕様検討/建築保全センターのライブラリーに反映

 日本建設業連合会(日建連、山内隆司会長)は、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)に用いる仮設関係データの標準仕様を整備するため、検討に乗りだす。BIM関連のデータを収録する「BIMライブラリー」の構築を進めている建築保全センター(尾島俊雄理事長)と連携。足場やクレーンなどの形状・属性情報で仕様をまとめ、同ライブラリーに反映させる。検討主体は建築生産委員会の専門部会。
 日建連は18年度の新規事業として、施工計画に関するBIMライブラリーの検討を実施する。建築生産の工程を左右する仮設のBIMデータで標準仕様を整え、生産性向上にも生かす考え。足場、仮囲い、クレーンなどの重機といった仮設工事に関係する資機材のデータ仕様を、建築生産委員会IT推進部会の傘下で施工段階のBIMの普及・展開を担当しているBIM専門部会が検討していく。
 仮設工事は完成後に資機材が残らないものの、全体の生産工程だけでなく、現場の安全性にも大きく影響する。仮設関連のBIMデータについては、複数の会員企業がそれぞれの仕様で運用していたり、データの種類が多かったりすることで、標準化を求める意見が少なくない。そこでデータ作成のルールなどを定め、標準化を促すことにした。クレーンであれば揚重能力、回転半径、基礎、構造との干渉などのデータ仕様を定める。
 同ライブラリーでは、データを活用・提供する設計者、施工者、メーカー、IT関連ベンダーなどによるコンソーシアムが組織され、構築が進んでいる。コンソーシアムの建築部会には日建連の会員企業が参加。建築保全センターと日建連は、仮設関連のBIMデータの標準仕様を整える作業で連携することで合意した。日建連のBIM専門部会は近く会合を開き、検討を始める。

(日刊建設工業新聞様より引用)