日本水産・新中計 食品利益拡大図る 冷食は弁当から食卓へ

 日本水産の的埜明世社長をはじめとする経営陣は23日、4月に始動した3ヵ年新中期経営計画の重点施策などを説明した。 最終20年度に売上高7560億円、営業利益290億円を目指す中、食品事業の営業益を全体の45%と最大の164億円、水産事業は...
(日本食糧新聞様より引用)