日本設計、オートデスク/構造設計にBIM活用/新規案件に全面導入へ

 日本設計とオートデスクは、構造設計業務にBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)を導入した新たな業務フローを構築した。意匠設計と設備設計へのBIMの導入は既に完了。構造設計への導入によって意匠、構造、設備の全ワークフローでBIMデータを活用できるようになり、迅速で円滑な業務連携が可能になったとしている。新規に受注した案件の構造設計には基本的にBIMを導入する。
 両社は、15年に設計業務へのBIM導入に向けたパートナーシップ契約を締結。「情報と3次元(3D)の融合」を掲げ、オートデスクのコンピューテイショナルデザインソフト「Dynamo」を利用して複数のソフトを介さずに情報を入力できる環境と、「Autodesk RevitR」を基盤にした共通プラットフォームを整備。意匠設計と設備設計のワークフローにBIMを導入し、残された構造設計への導入に向けたシステム開発を進めていた。
 構造設計は、設計案に沿った構造解析や構造計算、構造図作成などの作業が並行して進むため、整合性確認や修正作業に多大な労力を要する。日本設計はDynamoを介して既存の計算ツールや独自の構造解析ソフトなどとBIMのデータを連動させ、BIMのデータで主架構(柱、梁など)、二次部材(小梁、床など)、構造図などの整合確認や自動修正(データの部分変換も可能)などを行えるようにした。これにより意匠から構造、設備までの設計作業をBIMで実施するワークフローを確立。処理過程を視覚化することで設計精度が一段と高まり、トラブルの未然防止にもつながるとしている。
 今後は新規の設計案件で意匠、構造、設備の全ワークフローへのBIMの展開を加速する。プロジェクト単位のBIMのデータを蓄積し、IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)と連動させた設計業務の高度化を図る検討も進める。BIMの利活用を広げるため、米国の構造設計会社、ラザフォード・チキン(サンフランシスコ)との人材交流を始め、技術の底上げを図ることも検討する。

(日刊建設工業新聞様より引用)