日本通運/東京都千代田区に新本社建設/延べ4・3万平米、19年12月着工

 日本通運は東京都千代田区の社有地に新本社ビルを建設する。現在複数のビルに分散している本社機能を集約することで、陸海空の運送部門が連携し総合力を発揮できるワンストップ体制を構築する。建物は延べ約4・3万平方メートル規模を計画。設計、施工者は決まっていない。19年12月に着工した後、21年8月の竣工と9月の移転を目指す。23日の取締役会で新本社ビルの建設と本社移転を決議した。
 計画地は神田和泉町2の1ほか(敷地面積7303平方メートル)。建物はS造地下1階地上13階塔屋2階建て延べ4万2555平方メートルの規模。免震構造を採用する。
 同社はグループの経営計画で、不動産事業の再構築に取り組む方針を明らかにしている。都内にある本社ビル(港区東新橋1の9の3)や首都圏支店が入居しているNEX人形町ビル(中央区日本橋人形町2の26の5)、航空事業支店があるピアシティ芝浦ビル(港区海岸3の18の1)といった自社ビルは、新本社への移転完了後に賃貸ビルとして運営し、収益向上を図る方針だ。

(日刊建設工業新聞様より引用)