日東ベスト、今期は増収減益を計画 「フレンズ」10周年に注力

 日東ベストの内田淳会長と大沼一彦社長は13日の会見で、今期業績見通しと今後の重点施策などを明らかにした。前3月期業績は売上高経常利益率3.2%と好調に推移。今期は環境面の悪化と新規事業の育成費用を見込み、増収減益の計画を組む。施策面では、...
(日本食糧新聞様より引用)