日清製粉グループ本社、総合力底上げ目指す 創業120年へグループで挑戦

 日清製粉グループ本社(見目信樹社長)は2020年創業120年に向け、グループ総合力のさらなる強化推進を図るため、業績、技術、加工食品、医薬事業など経営課題の総合長期経営計画の底上げを目指す。 業績も中期経営計画7500億円の通過点として今...
(日本食糧新聞様より引用)