早大とロッテ、ウオーキング中咀嚼の有効確認

 早稲田大学とロッテの共同研究グループは5月24日、歩行時に咀嚼(そしゃく)を行うことでウオーキングの効果が高まり、カロリー消費も高める可能性があることを確認したと発表した。 研究は、早稲田大学スポーツ科学学術院の宮下政司准教授とロッテの共...
(日本食糧新聞様より引用)