東京理科大学/葛飾キャンパス拡充計画(東京都葛飾区)/隣接地取得し新施設整備へ

 東京理科大学は葛飾キャンパス(東京都葛飾区)に隣接する土地を区から取得し、新しい大学施設を整備する。整備期限は2025年2月22日まで。2月23日付で区側と土地の売買契約を締結するのに併せて、葛飾キャンパス整備で両者が09年に交わした基本協定を一部変更し、新施設整備の完了期限を盛り込む。新施設の定員・学部などの詳細は未定。取得後の敷地は新施設の着工まで、区民向けの緑地やイベント会場として暫定利用する。
 葛飾キャンパスの所在地は新宿6の3の1(敷地面積3万6243平方メートル)。理学部や工学部などが入り、13年4月に開校した。学生数は約5000人。
 取得予定地は同キャンパスの南西側に位置する新宿6の3602の4、6。敷地面積は4827平方メートル。売買金額は20億8849万8211円。

(日刊建設工業新聞様より引用)