東京都建設局/上野動物園(台東区)に新パンダ舎整備/20年3月完成めざす

 東京都建設局は、台東区にある恩賜上野動物園に「パンダのふるさとゾーン」を整備する。園内で飼育しているジャイアントパンダ、レッサーパンダの生息地に近い環境を充実させるとともに、来園者にも配慮した施設を整える。総工費は約22億円を想定。20年3月ごろの完成を目標に、施工スケジュールなどの調整に入る。
 上野動物園東園にある現在のパンダ舎を、西園の旧こども動物園跡地に移転する形で整備する。約6800m2の敷地にRC造平屋のパンダ舎(建築面積1017m2)とレッサーパンダ舎(同26m2)、鉄製の鳥舎などを配置する計画だ。来園者のための園路や滞留スペース、トイレなども設ける。

(日刊建設工業新聞様より引用)