東急不、鹿島/九段会館高度利用事業/帝冠様式を一部保存、オフィスビルに再生へ

 東急不動産と鹿島が共同出資する合同会社ノーヴェグランデは、東京都千代田区の九段会館の高度利用事業を推進している。和洋折衷の「帝冠様式」を採用した既存建物を一部保存しながら、延べ6・8万平方メートル規模のオフィスを中心とした複合ビルとして再生する。設計は鹿島・梓設計JVが担当。施工は鹿島が務める。着工時期は未定。22年7月の竣工を目指す。
 九段会館は(九段南1の5の1ほか、敷地面積8765平方メートル)は1934年に完成。コンクリート造の建物の塔屋などに瓦葺の勾配(こうばい)屋根を備える帝冠様式の特徴を持つ。
 計画によると、既存建物の北、東側をL字状に残して、それ以外の部分を解体し高層の複合ビルを建設する。
 ビルの規模は地下3階地上17階建て延べ6万8024平方メートル、高さ約75メートル。高層部にはオフィスと店舗が入る。
 保存部分は免震レトロフィット工法の採用や劣化したコンクリートの補修、外壁のスクラッチタイルの落下防止対策などによって、創建時の意匠を復元・維持。宴会場やカンファレンスセンター、シェアオフィス、店舗などとして活用する。
 このほか、敷地西側にある「牛ケ淵」沿いには歩行者デッキを整備する計画。デッキに面して店舗を配置することで、にぎわいの創出を図る。敷地北側はオープンスペースを確保。芝生広場も整備する方針だ。

(日刊建設工業新聞様より引用)